メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「ない」と答えた文書が後から次々に出てくる。陸上自衛隊のイラク派遣時の日報のことだ。報道に触れ、「変わってないな」と思った。6年前、いじめを苦に自殺した海上自衛隊護衛艦「たちかぜ」の乗組員だった1等海士(当時21歳)の遺族が国などに賠償を求めた訴訟を取材した。その時、保管文書に対する自衛隊の意識の低さを痛感した。

 遺族が訴訟前、艦内のいじめの実態を乗組員に尋ねたアンケートの情報公開を求めたところ、海自は「破棄し…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文459文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]