メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

U・Iターン/3 商社マンから5代目蔵元に 水戸部朝信さん 山形の酒、国内外に

自社産米、風味豊か

 漆喰(しっくい)の壁が美しく際立つ蔵に一歩入ると、ひんやりとする。室温は3~7度。日本酒「山形正宗(まさむね)」を造る山形県天童市の「水戸部酒造」の社長、水戸部朝信さん(45)が、たるの中の温度が書かれた黒板を見ながら「徐々に上げていき、しばらく維持して活発に発酵させてから下げていく。酒の温度管理は飛行機と同じなんですよ」と教えてくれた。

 約20年前までは商社マンだった。子供のころから、世界を舞台に働くことが夢で「山に囲まれた山形の閉塞…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1201文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです