メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大

立て看一部持ち出しで経緯説明 18枚再設置 /京都

 京都大は吉田キャンパス(京都市左京区)で撤去した立て看板の保管場所のフェンスが14日深夜から15日未明にかけて破損され、立て看板の一部が持ち出されたとして、事実経過を説明する文章を15日午後、ホームページに掲載した。身元不明の3人が保管場所に侵入して持ち出しているところを職員が現認したため警察に通報し、被害届を提出するとしている。

     説明文によると、無断で持ち出されたものを含め、立て看板は同日現在で学内外に18枚が再設置された。また、保管場所のフェンスは過去にも2回切断されるなど破壊されたため被害届けを出していたという。

     大学として「このフェンス破壊及び保管場所への侵入・立て看板の持ち出しという犯罪行為を看過できません。捜査に協力してまいります」などとしている。【菅沼舞】

    〔京都版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]