メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

鳥取湖陵高、意識向上へ 模擬投票や選挙の仕組み学ぶ /鳥取

模擬投票で、票を投じる女子生徒=鳥取市湖山町北の県立鳥取湖陵高で、南迫弘理撮影

 県立鳥取湖陵高(鳥取市)で、主権者教育の授業があった。市選管の小嶋宏事務局次長が講義したほか、実際に票を投じる模擬投票もあり、生徒らは真剣に学んでいた。

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられて政治教育、主権者教育が重要性を増すことから同校が毎年度、18歳になる前の2年生を対象に実施している。

 この日は174人が参加した。小嶋事務局…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです