メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校無償化

朝鮮学校適用外訴訟 原告側、前川氏を証人申請 高裁初弁論 /広島

 朝鮮学校を高校無償化の適用外とするのは違法として、広島朝鮮初中高級学校(東区)を運営する「広島朝鮮学園」と元生徒が国に処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が15日、広島高裁(三木昌之裁判長)であった。原告側は高校無償化法の制度設計にかかわった前川喜平・前文部科学事務次官らの証人尋問を申請した。次回期日は9月4日。

     原告側によると、前川氏は「法制定時、朝鮮学校は無償化の対象に想定されていた」などと主張している。この日は原告で元生徒の司法修習生、金竜貴(きむりょんぎ)さん(25)=岡山市北区=ら4人が意見陳述。金さんは高校3年の時に施行された高校無償化法で対象外になり、「言葉では表せないほどショックで、怒りがこみ上げた」とし、「差別の助長に歯止めをかける裁判となることを強く願う」と訴えた。国側は争う姿勢を示した。【小山美砂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    3. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]