メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/54 大学改革/3 学歴という発想を捨てよう /四国

 「大学とは何か」と聞かれると、いささか返答に困るのが現実かもしれません。そもそも学術研究を通じて新たな知を創造する場であり、最高学府として学問を身につける場といえます。しかし、学歴のみが強調され、ともあれ入学すれば、後は勉強しなくても卒業できるといった誤った考えが依然あるようです。

 そこで、大学教育の質的転換を図るため、各大学において、卒業認定・学位授与の方針として「ディプロマ・ポリシー」を策定しています。また、大学の教育課程の編成や実施の方針として「カリキュラム・ポリシー」、そして、入学者受け入れの方針として、「アドミッション・ポリシー」を掲げ、これら三つのポリシーが、各大学で策定されてきたのです。

 特に、ディプロマ・ポリシーは、各大学の教育理念に基づき、どのような力を身に付けた者に卒業を認定し、…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文837文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです