メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎大

観光客の動態、スマホで把握 Wi-Fi接続履歴を利用、実証実験 サービス向上の一助に /長崎

 観光客の動態をスマートフォンの接続履歴で把握し、より効果的な観光周遊ルートの確立などに役立てようと、長崎大が、県内の公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」接続履歴を利用したビッグデータの収集と解析の実証実験に取り組んでいる。同大によると約3000のアクセスポイントを使い、月10万人を超える規模の分析ができるようになるという。

 通信キャリア大手「ソフトバンク」(東京都)とインターネット広告会社「シナラシステムズジャパン」(同…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 
  3. 有害物混入ワイン ネットで落札 30年以上前に製造
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです