メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「見よ。ひとりの男が裸身で跳ぶ…

 「見よ。ひとりの男が裸身で跳ぶ。他の男が力を込めて円盤を投げる。これが何の名誉か。私はこれを愚行と名づける。子供だましの意味ない遊びだ。キリスト教信者はこの中身のない、無意味な見せ物を避けよ」▲3世紀のカルタゴの司教シプリアヌスはこう述べたが、スポーツ嫌いはいつの世にもいる。ただその言葉に一面の真実がないわけではない。なるほど人為的な決まりごとから生まれるスポーツの勝敗に現実的意味があるわけではない▲だがその無意味こそが、人々の抱く夢や栄光、感動や失意などあらゆる物語を盛り込める空(から)の器となる。まさしくスポーツは文明の一大発明だが、人々の心を引きつけるこの器、競技の決まりごとが破られればすぐさま壊れてしまう▲対関学大戦での日大アメフット部のラフプレーの波紋が広がっている。危険なタックルで無防備な相手を負傷させた反則への批判がネット動画を介して拡散し、対日大戦中止の動きやスポーツ庁長官による危険行為非難が報じられた▲この反則、監督が指示したなどという聞き捨てならない話も伝わっている。日大アメフット部はホームページに謝罪文をのせたが、危険行為の背景説明はない。今後の真相解明は大学アメフット界の命運がかかったものになるだろう▲ラフプレーもいったん「暴力」という現実的意味を帯びれば、スポーツの栄光も夢も感動もすべて雲散霧消する。スポーツにかかわるすべての人が宝物のように大切に扱うべき「無意味の器」である。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
    2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
    4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
    5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]