メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く/5止 同盟国、置き去り懸念 元米国務副長官 リチャード・アーミテージ氏

=会川晴之撮影

 米朝首脳会談の会場が、トランプ大統領が希望したとされる板門店(パンムンジョム)ではなくシンガポールに決定したことは良かった。板門店ではトランプ氏が「金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のもとに出向いた印象」が強く出過ぎてしまうからだ。南北首脳会談で対話機運が醸成されたうえで臨む米朝会談となり、非核化に向けた何らかのプロセスの始まりとなることを期待する。

 懸念もある。一つは、トランプ氏が朝鮮半島の歴史や地域情勢に関する十分な「予習」をしないまま、交渉の…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1149文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]