メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く/5止 同盟国、置き去り懸念 元米国務副長官 リチャード・アーミテージ氏

=会川晴之撮影

 米朝首脳会談の会場が、トランプ大統領が希望したとされる板門店(パンムンジョム)ではなくシンガポールに決定したことは良かった。板門店ではトランプ氏が「金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のもとに出向いた印象」が強く出過ぎてしまうからだ。南北首脳会談で対話機運が醸成されたうえで臨む米朝会談となり、非核化に向けた何らかのプロセスの始まりとなることを期待する。

 懸念もある。一つは、トランプ氏が朝鮮半島の歴史や地域情勢に関する十分な「予習」をしないまま、交渉の…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1149文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです