メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

統合型リゾート実施法案 賭博が成長戦略?=論説委員・伊藤正志

大阪湾の人口島「夢洲」でのIR整備のイメージ=関西経済同友会提供、2015年1月作成

依存症の懸念残る

 カジノ設置を目指す統合型リゾート(IR)実施法案への疑問が尽きない。ギャンブル依存症への懸念はもちろん大きいが、そもそも、なぜ賭博が日本の経済を押し上げる成長戦略の目玉になり得るのか。法案では地域振興もうたわれるが、地方の活性化につながるのか、見通しは不透明だと言わざるを得ない。

不透明な地域振興

 ギャンブル依存症に関する最新のデータをまず見てみたい。

 厚生労働省が昨年、約1万人の面接調査の結果を公表した数字では、生涯で依存症が疑われる状態になった人…

この記事は有料記事です。

残り2069文字(全文2304文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]