メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

朝鮮半島情勢が日中韓改善促す=坂東賢治

 「永遠の味方もいなければ、永遠の敵もいない」。朝鮮半島をめぐる国際情勢の変化から19世紀に大英帝国の首相を務めたパーマストンの言葉を想起するのは筆者だけであるまい。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を「ちびのロケットマン」とあざけっていたトランプ米大統領が「すごく頭のいい男」と180度評価を変えたのが典型的な例だ。

 金委員長は2度目の訪中で習近平国家主席と遼寧省大連の海岸を散歩し、親密さを演出した。北朝鮮紙が「米…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです