メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

米朝首脳会談 非核化なるか 根拠なき楽観、禁物だ=布施広(論説室)

北朝鮮が解放した米国人3人を出迎えたトランプ米大統領(右から2人目)=ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地で5月10日、ロイター

 「悲観論は気分から、楽観論は意志から生まれる」(フランスの哲学者アラン)という名言を知らぬわけではないが、根拠不明の楽観論ほど警戒すべきものはない。

 例えば南北首脳会談。喜ばしい出来事とはいえ、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の満面の笑みと手つなぎシーンには正直、ついていけないものを感じる。

 いつか己の不明を恥じて2人の指導者に「おみそれしました」と頭を下げる日が来るといいが、南北共同宣言…

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです