メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

北国の日本酒阻む壁 中国総局・赤間清広

 健康的でおいしいと和食ブームが続く中国で、日本酒の人気も急上昇中だ。ワイングラスで冷えた日本酒を楽しむのが「おしゃれ」だといい、中国料理やフランス料理のレストランに日本酒が並ぶことも増えてきた。

 父が宮城、母が新潟出身で、地酒の産地と縁が深い左党の記者には大歓迎の状況だが、2年前に赴任してから、気になっていることがある。メニューにある日本酒は「獺祭(だっさい)」(山口)が圧倒的に多く、北国の地酒があまり見当たらないのだ。

 「仕方がない事情があるんです」。日本酒の輸入を手がける貿易関係者が説明してくれた。中国は2011年…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文534文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]