メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第2局の3

序盤の骨子 観戦記・上地隆蔵

 佐藤は[先]7六同銀と応じた。決戦に飛び込まなくても、穏やかに対応して十分との判断だ。次の[先]7七角が序盤の骨子となった一手。通常、手持ちの角を手放すからには駒得や、馬を作るなどメリットがほしい。しかし現状はない。それにもかかわらず、佐藤が[先]7七角と打ったということは、よほどこの手を軸にした駒組みに自信があったと見るべきだろう。

 羽生は[後]7二飛と1マス寄った。7六の銀を狙いつつ、次に[後]7四銀や[後]8四銀を狙っている。…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文620文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]