メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラフトビールで乾杯する男性客=東京都目黒区の中目黒タップルームで

 ゴクゴクと喉に流し込んでいたビールの飲み方が、最近はゆっくりと香りやコクを楽しむスタイルに変化している。クラフトビールが台頭し、大手メーカーの「香り」を前面に出した商品も目立つ。個性的な味わいを「鼻」で楽しんでみよう。

 ●クラフト飲み比べ

 クラフトビールを多数そろえる東京都目黒区の飲食店「中目黒タップルーム」は連日、若者や外国人でにぎわいを見せる。生ビールサーバーで注ぐ定番の12種類に加え、季節限定の10種類も提供。友人と定期的に訪れる会社員、宇久田朝史(ともふみ)さん(25)は「飲み比べて好みの一杯を決めるのが楽しい」と話す。アルコール度数が高いので満足感もあり、香りはもちろん、泡の味が好きだという。「気に入ったビールは醸造所にまで足を運ぶようになりました」

 3月下旬、店で試飲が行われていたのは、香りを意識した新商品「黄金IPA(インディアペールエール)」…

この記事は有料記事です。

残り2104文字(全文2489文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  3. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです