メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/281 第8章 2=高村薫 田中和枝・挿画監修

少女A281回

 結局、母を殺したのは上田朱美なのか、違うのか。雪子は、自分が肝心のことを刑事に尋ねなかったことにあとから気づいたが、とくに後悔もなかった。犯人が分かったところで何かの区切りになるわけではなく、宙吊(づ)りのままでは何も前に進まないということもないとなれば、分かっても分からなくても大差ないということだ。そう納得し、夜勤明けの休日にはまた木更津の病院までそそくさと出かけてゆく。動けない病人の代わりにアパートの家賃や公共料金の支払いもあるし、先週はがん保険の請求手続きもした。預金通帳と判子を預けられることには抵抗もあったが、誰かに頼られていることが自身のエネルギーになっている実感もないことはない。

 上田亜沙子の卵巣がんは、もともと化学療法がよく効く漿液(しょうえき)性腺がんだが、二クール終えた時…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文956文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]