メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

虐待防止へ根本見直す=渡辺守成

 

 米国体操界で発覚した性的虐待の被害者やその家族にお会いしたのは、3月3日の「桃の節句」でした。女の子の健やかな成長を願うはずの日です。

 米国体操協会のチームドクターだったラリー・ナサル被告が五輪金メダリストら200人を超える女子選手に治療目的と偽り、性的虐待をしたとして最長で禁錮175年の判決を受けました。しかし、被害者らが訴えたのはナサル被告への恨みではなく、被告を生み出したスポーツ界に対する不信感でした。

 競技を始める時はコーチと親、子どもは対等な立場です。ところが、五輪出場が目標になると、コーチが絶対…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです