メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる西野ジャパン

W杯代表最終候補は/上 MF・FW 逸材ぞろい海外組 実績重視、若手に勢いも

 6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に臨むサッカー日本代表は5月18日、国内壮行試合ガーナ戦(5月30日、日産スタジアム)のメンバー二十数人を発表する。W杯登録23人に絞り込むための最終候補だ。本番直前の4月に就任した西野朗監督は、何を重視して決断するのか。大詰めを迎えている代表争いの現状を、指揮官の言動などから考察する。

     今月上旬まで欧州でプレーする日本選手を視察してきた西野監督は、素直な思いを語った。「厳しい環境、競争力のある中で彼らは戦っている。その中で選ばないといけないが、逆に選択肢が増えた」。海外挑戦している人材は、中盤から前のポジションに多い。選考でも頭の悩ませどころになるだろう。

     就任以来、少ない時間でのチーム作りを迫られる西野監督は「これまでの日本」を強調する。「既に構築してきて、日本化したフットボールがある。技術力や、組織的に結束して戦う強さをベースにしたい」と語っており、選考も経験や実績のある選手が土台となりそうだ。就任時から本田(パチューカ)が所属するメキシコリーグの日程を考慮した発言をしており、本田は構想内のようだ。最近は代表から外れていた岡崎(レスター)、香川(ドルトムント)らも戦術面の熟練度が高く、必要とされそうだ。

     気がかりなのが選手のコンディションだ。西野監督の欧州視察時も、試合に出場していない選手が少なくなかった。中でも「一番気になっている2人」と名指しして心配するのが、香川と岡崎の状態。香川は12日のドイツ1部リーグ今季最終戦に途中出場して約3カ月ぶりに実戦復帰したが、岡崎は4月14日を最後に試合に出場できないまま今季のイングランド・プレミアリーグを終えた。

     代表スタッフ内でも「合宿中ずっとリハビリするだけの人は困る。万全な選手を呼んだほうがいい」という声があり、W杯までにいい状態に戻せるかをぎりぎりまで見極める方針だ。

     ハリルホジッチ前監督と違い、クラブで出場機会が少ない選手の「試合勘」はさほど問題視しない方向。井手口(クルトゥラル・レオネサ)、浅野(シュツットガルト)らについては、「しっかり練習でやっていた。試合になればそのままプレーできる」と述べている。

     西野監督は「基本的に、今まで代表に参加した選手がベース」と言うが、若手の勢いも見逃せない。招集歴はないが、今季のオランダ1部リーグで1年目ながら9得点を挙げた堂安(フローニンゲン)のように、頭角を現してきた選手にもチャンスが巡ってくる可能性がある。【大島祥平、丹下友紀子】


    W杯日本代表の最終候補(ガーナ戦メンバー)予想

     氏名    年齢 所属              代表出場数

    MF

    ◎長谷部誠 (34)アイントラハト・フランクフルト 108(27)

    ◎山口蛍  (27)セ大阪              40(25)

    ○井手口陽介(21)クルトゥラル・レオネサ      11(11)

    ○香川真司 (29)ドルトムント           89(29)

    ○柴崎岳  (26)ヘタフェ             15(15)

    △今野泰幸 (35)ガ大阪              93(10)

    △大島僚太 (25)川崎                3 (3)

    △森岡亮太 (27)アンデルレヒト           5 (5)

    △清武弘嗣 (28)セ大阪              43(17)

    FW

    ◎原口元気 (27)デュッセルドルフ         30(27)

    ◎大迫勇也 (28)ケルン              26(15)

    ○乾貴士  (30)エイバル             25(13)

    ○宇佐美貴史(26)デュッセルドルフ         21(21)

    ○中島翔哉 (23)ポルティモネンセ          2 (2)

    ○本田圭佑 (32)パチューカ            93(34)

    ○久保裕也 (24)ヘント              13(13)

    ○岡崎慎司 (32)レスター            111(32)

    △堂安律  (19)フローニンゲン           0 (0)

    △浅野拓磨 (23)シュツットガルト         17(17)

    △武藤嘉紀 (25)マインツ             21(21)

    △小林悠  (30)川崎               13(13)

    △杉本健勇 (25)セ大阪               6 (6)

     ※◎は確実、○は有力、△は微妙。年齢はW杯開幕時(6月14日)。代表出場数は日本代表での出場試合数(カッコ内は2014年ブラジル大会後の内数)。W杯代表はガーナ戦メンバーの中からさらに23人に絞られる

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]