メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省部会

iPS細胞の心臓病臨床研究、条件付き承認

iPS細胞を使った心臓病の臨床研究のイメージ

 厚生労働省の再生医療等評価部会は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心臓の筋肉細胞をシート状にして重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究計画を条件付きで承認した。iPS細胞を使った心臓病の臨床研究は世界初。近く厚労相が研究実施を認める通知を出し、年度内にも最初の患者に移植される。

 同大の澤芳樹教授(心臓血管外科)のチームが今年3月に届け出ていた。iPS細胞を使った移植の臨床研究…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文746文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 新聞協会 74紙に全面広告 Koki,さんがメッセージ
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. オセロ 世界一に11歳の福地さん 歴代最年少
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです