メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大使館移転

怒る中東、米へ非難拡大 「集団虐殺だ」

「パレスチナはパレスチナ人のものだ」との主張を掲げ、米大使館のエルサレム移転に抗議する人々=トルコ・イスタンブールで2018年5月14日、AP

 【カイロ篠田航一】在イスラエル米大使館のエルサレム移転を受け、中東のイスラム諸国でイスラエルや米国への非難が拡大している。イスラエル軍の発砲でパレスチナのデモ隊が多数死傷したことについて、トルコのエルドアン大統領は「ジェノサイド(集団虐殺)だ」と主張。ロイター通信によると、トルコ政府は15日、同国駐在のイスラエル大使に一時帰国するよう要請し、抗議の意を示した。

 トルコ政府は前日の14日には、米国とイスラエルに駐在するトルコ大使を召還した。また、中東の衛星テレ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  2. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです