メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

相次ぐ子連れテロ IS影響根強く

ディタ・ウプリアルト容疑者が自爆した中央スラバヤ・パンテコスタ教会のテロ現場=2018年5月13日、ロイター

 【ジャカルタ武内彩】インドネシア・ジャワ島東部スラバヤで13日から連続5件、自爆テロや爆発が起きた。関与したのはいずれも子供連れの3家族で、国家警察は過激派組織「イスラム国」(IS)に共鳴する国内組織のメンバーによるテロと発表。組織としては壊滅したとされるISだが、世界最多のイスラム信徒を抱えるインドネシアでその影響力が根強く残っている現状が浮かび上がった。

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです