メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

「戻る。それが正義だ」故郷追われ70年

「故郷」への思いを語るゾルフィカル・スウェイルジョさん=ガザ市で2018年5月9日午後、高橋宗男撮影

 【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)高橋宗男】1948年のイスラエル建国に伴って故郷を追われ、約70万人ものパレスチナ難民が発生した「ナクバ(大惨事)」から15日で70年を迎えた。ガザで抗議デモに参加する薬剤師、ゾルフィカル・スウェイルジョさん(54)は「私たちは戻らなければいけない。それが正義だろう」と強く訴えた。

 「私はアスカラン(イスラエル・アシュケロン)出身。あの土地のことなら何でも知っています」。スウェイ…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです