メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

欧州の王室で受け継がれたダイヤ、予想上回る約7.4億円で落札

 5月15日、欧州のロイヤルファミリーで約300年にわたり受け継がれてきた「ファルネーゼ・ブルー」と呼ばれるダイヤモンドが競売に掛けられ、予想落札価格を上回る670万スイスフラン(約7億4000万円)の値が付いた。写真はジュネーブで9日撮影(2018年 ロイター/Pierre Albouy)

 [ジュネーブ 15日 ロイター] - スイスのジュネーブで15日、欧州のロイヤルファミリーで約300年にわたり受け継がれてきた「ファルネーゼ・ブルー」と呼ばれるダイヤモンドが競売に掛けられ、予想落札価格を上回る670万スイスフラン(約7億4000万円)の値が付いた。

     競売会社サザビーズは350万─500万フランで落札されると予想していた。

     出品されたのは6.16カラットのダーク・グレーブルーのダイヤ。インド原産で、パルマ公の娘エリザベッタ・ファルネーゼがスペイン王フェリペ5世と結婚した際に贈られたもの。その後、7世代以上にわたり、スペイン、フランス、イタリア、オーストリアの王室で受け継がれた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
    2. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
    3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
    4. マンハッタン計画 「最も恐ろしい計画」描く絵本の邦訳版
    5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです