メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対イラン追加制裁 中央銀行総裁らのドル取引制限

 【ワシントン会川晴之】イラン核合意からの離脱を表明した米国が矢継ぎ早にイランなどへの制裁を打ち出している。米財務省は15日、イランの影響下にあり、米国がテロ組織に指定しているレバノンのイスラム教シーア派武装組織「ヒズボラ」の資金調達を支援したとして、イラン中央銀行のセイフ総裁や国際部門の高官を制裁対象に指定した。イランによる米ドル取引を制限する狙い。16日にはヒズボラ指導者のナスララ師らも制裁対象に加え…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです