メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立

 東京・新宿に夕暮れが迫るころ、ビル8階の「教室」に小中学生が集まってくる。だんだん増えて10人を超えた。韓国人の親を持つ子供たちにボランティアの先生が時々授業をする。

 その一人、善元(よしもと)幸夫さん(67)は小学校の元教諭。1970年代、帰国した中国残留日本人の子供たちに日本語を教えてきた。コリアンタウンとして知られる東京・新大久保に異動してからは「日本語国際学級」を担当した。この街は中国や東南アジアの人々がたくさん暮らすようになった。東京五輪・パラリンピックも近づく。国際化社会とは何だろう。十数年ぶりに善元さんを訪ねた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです