メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 東京・新宿に夕暮れが迫るころ、ビル8階の「教室」に小中学生が集まってくる。だんだん増えて10人を超えた。韓国人の親を持つ子供たちにボランティアの先生が時々授業をする。

 その一人、善元(よしもと)幸夫さん(67)は小学校の元教諭。1970年代、帰国した中国残留日本人の子供たちに日本語を教えてきた。コリアンタウンとして知られる東京・新大久保に異動してからは「日本語国際学級」を担当した。この街は中国や東南アジアの人々がたくさん暮らすようになった。東京五輪・パラリンピックも近づく。国際化社会とは何だろう。十数年ぶりに善元さんを訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文928文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです