メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 東京・新宿に夕暮れが迫るころ、ビル8階の「教室」に小中学生が集まってくる。だんだん増えて10人を超えた。韓国人の親を持つ子供たちにボランティアの先生が時々授業をする。

 その一人、善元(よしもと)幸夫さん(67)は小学校の元教諭。1970年代、帰国した中国残留日本人の子供たちに日本語を教えてきた。コリアンタウンとして知られる東京・新大久保に異動してからは「日本語国際学級」を担当した。この街は中国や東南アジアの人々がたくさん暮らすようになった。東京五輪・パラリンピックも近づく。国際化社会とは何だろう。十数年ぶりに善元さんを訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文928文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]