メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

神奈川・小田原 かまぼこ 食卓彩る究極の“練りもの” 重宝な日持ちの加工品 /東京

 小田原と言えばかまぼこ--。「小田原かまぼこ」は神奈川県小田原市で現在12店が製造している。食卓を彩る究極の“練りもの”の歴史を知りたい。歯を押し返すような弾力性のある食感も楽しみたい。生産者や店でつくる地元の協同組合を訪ねた。【成瀬桃子】

 小田原城は2016年、平成の大改修を終えた。そこから海岸に向かう途中に「小田原かまぼこ通り」があり、10店の「本店」が軒を連ねていた。なぜ、小田原とかまぼこが結びつくのだろう。

 小田原蒲鉾(かまぼこ)協同組合の組合長、上村純正さん(64)に聞いたところ、その起源は200年ほど…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1392文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです