メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラックバス

外来種、夏メニューに登場 「琵琶湖の健康」願って消費 プリンスホテルで提供 大津 /滋賀

「ビオナ」で提供されるブラックバスを食材にした「エスカベッシュ」=大津市のびわ湖大津プリンスホテルで、濱弘明撮影

 「滋賀の健康」をテーマにビュッフェ形式で料理を提供している「びわ湖大津プリンスホテル」(大津市におの浜4)37階のレストラン「レイクビューダイニング ビオナ」が夏の新メニューの食材として、琵琶湖の外来魚ブラックバスを使うことになった。メニューづくりで協力している立命館大スポーツ健康科学部の海老久美子教授は「『琵琶湖の健康』を考える上で、外来魚を食材として消費する方法を提案したかった」と話している。

 昨年3月に新装開業したビオナは、岡本賢治料理長と海老教授らが意見交換しながらメニューを決めている。…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです