メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

iPS心臓治療、臨床へ 再生医療の試金石 大量移植、懸念の声も

大勢の報道陣が集まった記者会見で質問に答える大阪大の澤芳樹教授(左から2人目)=東京都千代田区で16日、宮武祐希撮影

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った世界初の心臓病の臨床研究計画が厚生労働省の専門部会で16日、大筋承認された。大阪大の研究チームが計画し、今年度中に実施する。移植する細胞数が多く、今後のiPS細胞を使った再生医療の試金石になると注目される。海外は受精卵から作るES細胞(胚性幹細胞)による研究が先行。世界の潮流とのギャップを埋めることも課題となりそうだ。【荒木涼子、須田桃子】

 今回の臨床研究を主導する澤芳樹・大阪大教授(心臓血管外科)のチームはこれまで、患者本人の脚の筋肉か…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  4. 埼玉・春日部共栄の野球部監督が暴力行為
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです