メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エネルギー基本計画

改定案 原発増設議論、先送り 目標達成遠く 高村ゆかり氏、橘川武郎氏の話

「石炭火力減」明確化を 高村ゆかり氏 名古屋大大学院教授(国際法・環境法)

 2030年度の電源構成は温室効果ガス削減の国際目標と結びついており、容易に変更できないことは理解できる。ただ、原発の新設コストが上昇する一方、再生可能エネルギーのコストは低下するとみられ、経済性の観点から構成比の見直しが課題となるだろう。

 再生エネを「主力電源」にする意思を明確にした点は評価できるが、今後どの程度増やすのか、具体的な規模…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです