メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を語る

対談 米朝首脳会談と日本外交 非核化、拉致 粘り強く

アジア調査会長・五百旗頭真氏

 史上初の米朝首脳会談を控え、朝鮮半島情勢の行方を世界が注視する。トランプ米政権の誕生以来、国際秩序が不安定化する中、北東アジアに残る冷戦構造に終止符が打たれる端緒となるのか。本紙大型コラム「激動の世界を読む」の執筆メンバーである一般社団法人・アジア調査会の五百旗頭真会長と田中明彦・政策研究大学院大学長が語り合った。司会は小松浩主筆。対談の全文は「アジア時報」6月号に掲載される。【まとめ・米村耕一、写真・宮武祐希】

この記事は有料記事です。

残り5722文字(全文5931文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]