メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「のみとり侍」あす公開 江戸の愛は奇想天外!? エッチで、おかしくて…ちょっと切なく

勘定方書役ものみとり業も精一杯取り組む小林寛之進(阿部寛)=(C)2018「のみとり侍」製作委員会

 女と男の情と駆け引き、サラリーマンにも似た侍の悲哀を媚薬(びやく)で包み込んだ映画「のみとり侍」が18日、全国公開される。エリート侍と亡き妻にうり二つの他人の妾(めかけ)を中心に、ひと癖もふた癖もある面々が江戸を舞台に織りなす純愛人情活劇だ。ドラマ・映画界の重鎮で映画「後妻業の女」の鶴橋康夫監督が、小松重男の短編集を映画化。主演の阿部寛をはじめ、実力派俳優が勢ぞろいし、大人の女性必見! 大人のちょっと手前の女性もこれまた必見! 男性諸氏もこっそり必見のエンターテインメント快作だ。ユーモアと愛に満ちた艶笑喜劇の世界を、どうぞご堪能あれ。【鈴木隆】

 テレビドラマで数々の受賞歴を持つ鶴橋監督を慕う俳優は数知れない。本作出演俳優も「鶴橋監督が大好き」…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2097文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです