メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第2局の4

我慢比べ 観戦記・上地隆蔵

 局面のポイントは銀が向かい合った7筋。立会人の中村修九段は「どちらも7五の地点に歩を打ちたくない。相手に打ってもらいたい」と言う。

 例えば[先]7五歩は自然に見えるが、その瞬間[後]8四角が返し技。角の素抜きがあるので[先]7四歩とは指せない。[先]3三角成[後]同桂[先]7四歩と二枚替えの順はあるが、[後]5七角成と馬を作られ、この変化は後手よし。

 一方、後手から[後]7五歩は[先]6七銀左。押さえ込んだようでも、打った歩が邪魔をして7筋の攻め駒…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文568文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]