メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

余裕持てる働き方提案 Spacelook社長・谷口怜央さん(18)

インタビューに答える谷口怜央さん=太田康男撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

谷口怜央(たにぐち・れお)さん

 昨年6月、飲食店を中心に1日限定のアルバイトを探せるスマートフォン向けアプリ「Spacework(スペースワーク)」の運営企(き)業(ぎょう)を創業しました。

 起業のきっかけは中学時代の体験です。名古屋市出身で、中2の時、野球部の練習で腰(こし)を痛めました。一時車いす生活を余(よ)儀(ぎ)なくされ、人通りの多い場所で転んだことがあります。その時、誰(だれ)も助けてくれませんでした。冷たい人が多かったとは思いません。助け方が分からなかったのだと思います。「見て見ぬふりをせず、社会問題を解決したい」。そう考えるようになりました。

 名古屋高校に進学後、貧困問題を知るため、西アフリカ・セネガルに約1カ月間ホームステイしたり、名古屋…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです