メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「出自より生きる権利を」 「赤ちゃんポスト」国際シンポ

ドイツで最初にできたゆりかご「ベビークラッペ」について説明するとハネス・ゲルトナーさん=ドイツ北部のハンブルクで

 親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」が熊本市の慈恵病院に開設されて11年。今年4月、ゆりかごをテーマにした国際シンポジウムが同市で開かれ、各国の施設運営者らが取り組みを報告した。

 ●当事者が体験談

 ゆりかごに相当する設備は少なくとも世界11カ国にある=表。シンポジウムには、11カ国の施設運営者や研究者ら約400人が参加した。出生直後に遺棄された経験を持つ米国人のモニカ・ケルシーさん(45)も出席。貴重な体験談に多くの人が耳を傾けた。

 ケルシーさんの母親は17歳の時、性暴力の被害に遭い妊娠、出産2時間後に病院を立ち去った。出生の経緯…

この記事は有料記事です。

残り2403文字(全文2695文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]