メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タミフル

10代解禁へ 異常行動、他の薬剤でも 厚労省、注意喚起は継続

 服用後の飛び降り死亡事故が2007年に起きたインフルエンザ治療薬タミフルについて、厚生労働省は16日、10代への原則使用禁止を解除する方針を決めた。同日の専門家会議が、異常行動はタミフルに限った現象ではないと判断した。同省は、今年秋までに注意書きを改訂するよう製薬会社に求める方針。

 07年2月、中学生が自宅マンションから転落死する事故が2件あったことを受け、厚労省は翌月から10代に処方しないよう医師に求めてきた。その後の8年…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです