メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災なるほドリ

新地震速報、予測精度向上=回答・渡辺諒

 なるほドリ 緊急地震速報の方法が新しくなったの?

 記者 気象庁が3月に導入した「PLUM(プラム)法」のことですね。4月の島根県での地震で初めて使われました。

 Q 従来とどう違うの?

 A 緊急地震速報は最大震度5弱以上の地震で、震度4以上が予想される地域に警報を出す仕組みです。これまでは、地震の初期微動(P波)から震源と規模を推定して速報してきまし…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]