メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、施設に記録 1959年、徳島で10代女性に

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が強制された問題で、徳島県内の女性が1959年、知的障害を理由に10代で不妊手術を受けた記録が女性が入所する施設で見つかった。施設への取材で16日分かった。旧厚生省の資料によると、同県では391人が手術を受けたが、県には個人状況が分かる資料が残っていない。行政機関に記録がなく実態…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです