メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 第4局 佐藤タイか、羽生王手か 19、20日・福岡で

 2度目の防衛に臨む佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に、永世名人資格保持者の羽生善治竜王(47)が挑戦する「第76期名人戦七番勝負」の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)が19、20の両日、福岡市の「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」(中央区輝国1の1の33)で開かれる。両者のこれまでの通算対戦成績は佐藤名人の9勝8敗。今期第3局まで1勝2敗の佐藤名人が出身地・福岡で最強の挑戦者を退ける流れを作るか、羽生竜王が返り咲きに向けた大きな1勝をつかむか、将棋ファン注目の戦いとなる。立会人は深浦康市九段(46)。【佐野格】

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1590文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです