メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン中銀総裁も制裁対象に ドル取引制限狙い

 【ワシントン会川晴之】イラン核合意からの離脱を表明した米国が矢継ぎ早にイランなどへの制裁を打ち出している。米財務省は15日、イランの影響下にあり、米国がテロ組織に指定しているレバノンのイスラム教シーア派武装組織「ヒズボラ」の資金調達を支援したとして、イラン中央銀行のセイフ総裁や国際部門の高官を制裁対象に指定した。イランによる米ドル取引を制限する狙い。16日にはヒズボラ指導者のナスララ師らも制裁対象に加…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです