メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

戻ってきた強い錦織 イタリア国際16強入り

 テニスのイタリア国際は16日、ローマで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング24位の錦織圭(日清食品)は世界4位で第3シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を6-7、7-5、6-4で倒し、4年連続で16強入りした。3回戦で世界28位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。

 4大大会に次ぐ格付けのマスターズ大会で、同じクレーコートが舞台の全仏オープン(27日開幕・パリ)の前哨戦。錦織は過去3勝1敗と相性が良かったディミトロフに第1セットを奪われたが、第2セットと最終セットでは粘り強さを発揮し、ともに先にブレークを許す劣勢をはね返した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです