メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エネ基本計画改定案

原発比率20~22%維持

電源構成の推移と計画

 経済産業省は16日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会(会長・坂根正弘コマツ相談役)で、国のエネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の改定案をとりまとめた。再生可能エネルギーを「主力電源化」する方針を新たに打ち出す一方で、原発については「重要なベースロード電源」としつつも「依存度は可能な限り低減していく」とする従来の方針を維持。2030年度時点の発電電力量に占める原発の比率を20~22%とする目標は据え置いた。

 計画の見直しは4年ぶり。近く改定案に対する意見を募集し、今夏に閣議決定する。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文755文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 滋賀高齢男性刺殺 白昼に殺害の可能性 朝に目撃情報
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです