メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮

米韓、虚突かれ当惑 会談中止示唆で

 【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】米韓両軍の定例共同訓練などを非難し米朝首脳会談取りやめも示唆した北朝鮮の発表に、米韓両国は当惑している。虚を突かれた形のトランプ米政権は、国家安全保障会議(NSC)や国防総省の担当者会合を招集するなど真意の確認を急いでいる。同時に米朝首脳会談に向けた準備は継続する構えだ。

 ホワイトハウスは15日、サンダース報道官が声明を発表。「北朝鮮の表明を独自に分析し、同盟国と緊密に…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです