メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

米朝会談の「再考」示唆 訓練に反発

 【ソウル渋江千春】北朝鮮は16日、核問題での交渉に長く携わった金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官名で談話を発表し、米朝首脳会談(6月12日)に向けた米国側の姿勢を批判したうえで、首脳会談について「改めて考慮せざるを得ない」と、中止の可能性を示唆した。また韓国に対しても16日未明、この日に予定されていた南北閣僚級会談を中止すると通知した。米韓両軍が11日に始めた定例の共同訓練「マックス・サンダー」を理由に挙げて「われわれの平和的な努力と善意に無礼な挑発で応えた」と非難しており、米朝首脳会談について楽観ムードが出ていた米韓側の虚を突き、交渉を有利に運ぶための戦術だとみられる。

 金次官は「先核放棄、後補償」方式や「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を主張している…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1140文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです