メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦

山下が先勝 大熱戦制し 第1局

激戦となった第1局を振り返る挑戦者の山下敬吾九段(左)と本因坊文裕=山口県萩市の萩・明倫学舎で2018年5月16日午後8時40分、上入来尚撮影

 山口県萩市の萩・明倫学舎で15日から打たれた第73期本因坊決定戦七番勝負第1局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、萩・明治維新150年記念事業実行委など共催、大和証券グループ協賛、マルシフードサービス協力)は16日午後8時21分、256手で挑戦者の山下敬吾九段(39)が本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に黒番半目勝ちし、7期ぶりの返り咲きに向け幸先よいスタートを切った。残り時間は山下1分、文裕3分。

 互いの深い読みがぶつかり合う壮絶な戦いとなり、難解なヨセ勝負に突入したが、山下が際どく制した。昨年…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  2. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判
  5. 勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです