メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

独特の慣例混乱招く 3年居住で国籍問わず

 ラグビーW杯の出場権が取り消される異例の事態を招いた背景には、当該国・地域で連続36カ月以上の居住歴と他国の代表経験がないなどの条件を満たせば国籍を問わず代表になれるラグビー独特の慣例がある。

 居住歴や代表経験の調査は書類の確認、協会や代理人への問い合わせにより手探りで進められているのが現状だ。英BBC放送によると、ルーマニア協会は代表資格が問題となったトンガ出身選手の代表…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 小川彩佳アナ 「リーガルV」で女優デビュー 最終回で女刑事に
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです