メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

独特の慣例混乱招く 3年居住で国籍問わず

 ラグビーW杯の出場権が取り消される異例の事態を招いた背景には、当該国・地域で連続36カ月以上の居住歴と他国の代表経験がないなどの条件を満たせば国籍を問わず代表になれるラグビー独特の慣例がある。

 居住歴や代表経験の調査は書類の確認、協会や代理人への問い合わせにより手探りで進められているのが現状だ。英BBC放送によると、ルーマニア協会は代表資格が問題となったトンガ出身選手の代表…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです