メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Mainichi Live

第31回「大学アメフット・悪質タックルの波紋」「京都大立て看板、なぜ撤去?」

京大がキャンパス周辺の立て看板の強制撤去を始めた問題について解説する今西拓人・京都支局長(中央)

 毎週木曜日午後4時から、毎日新聞のウェブサイトで配信している「Mainichi Live」。17日配信の第31回編集版を「毎日動画」にアップしました。

 前半のテーマは「大学アメフット・悪質タックルの波紋」です。6日に東京都内で行われたアメリカンフットボールの日大-関西学院大の定期戦で、日大の守備選手が反則タックルをして関学大QBを負傷させました。極めて危険で悪質な行為に波紋が広がっています。名門日大フェニックスでなぜこんなことが起きたのか。元アメフット選手の運動部・小坂大デスクが掘り下げます。

 後半は「京都大立て看板、なぜ撤去?」。京都大学は本部のある吉田キャンパス(京都市左京区)周辺で、立て看板の強制撤去を始めました。京大の自由な学風を象徴する「景観」と受け止められていた立て看板撤去のわけと、今後の見通しを京都支局の今西拓人支局長が解説します。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです