メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エボラ出血熱

コンゴ民主共和国で流行 44人症状23人死亡 都市部でも感染者

コンゴ民主共和国

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ中部のコンゴ民主共和国北部でエボラ出血熱の流行が続いている。世界保健機関(WHO)は17日、赤道州の州都ムバンダカで感染者が見つかったと発表。今月初旬に国内で感染が確認されて以来、計44人にエボラ熱の症状が見られ、うち23人が死亡した。遠隔地だけでなく都市部でも感染者が出たことで、爆発的な拡大につながりかねないと懸念されている。

 エボラ熱は2014年に西アフリカの3カ国で大流行し、過去最悪の被害となる1万1000人以上が死亡。…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです