メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

フリーライター・鶴見済さん 貸したり借りたり、人間関係が豊かに

「社会で主流となっている生き方からこぼれちゃって、つらい思いをしている人が楽になればいいなあ」=東京都国分寺市で、藤井太郎撮影

 平日の昼下がり、東京都のある住宅街。「こんなふうに歩いていると不審者と思われかねないんですよ」と話しながら笑みを浮かべる。すれ違う人は誰もいない。大人の多くは働いている時間なのだろう。

 「ネクタイをしていれば職務質問は受けないでしょうね。小さい子どもを連れたお母さんも怪しまれない。『ちゃんとした人』と見られるから。そこからはずれた人は、どこか低く見られているようなつらさがあります」。この日はジーンズにチェック柄のシャツ。作業帽のようなキャップをかぶっていた。確かにこの時間、ぶらぶら歩いていたら「ちゃんとしていない人」と思われるかもしれない。

 そんな社会も変化してきた。多様な生き方を認めようとする動きが表れたり、物が売れなくなったりしている…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1680文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです