メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

フリーライター・鶴見済さん 貸したり借りたり、人間関係が豊かに

「社会で主流となっている生き方からこぼれちゃって、つらい思いをしている人が楽になればいいなあ」=東京都国分寺市で、藤井太郎撮影

 平日の昼下がり、東京都のある住宅街。「こんなふうに歩いていると不審者と思われかねないんですよ」と話しながら笑みを浮かべる。すれ違う人は誰もいない。大人の多くは働いている時間なのだろう。

 「ネクタイをしていれば職務質問は受けないでしょうね。小さい子どもを連れたお母さんも怪しまれない。『ちゃんとした人』と見られるから。そこからはずれた人は、どこか低く見られているようなつらさがあります」。この日はジーンズにチェック柄のシャツ。作業帽のようなキャップをかぶっていた。確かにこの時間、ぶらぶら歩いていたら「ちゃんとしていない人」と思われるかもしれない。

 そんな社会も変化してきた。多様な生き方を認めようとする動きが表れたり、物が売れなくなったりしている…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです