メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/3 先生のエンディング 「最期」手続きこれだけで /東京

自ら書いた「最期について」を前にした八木澤壮一・東京電機大名誉教授

 八木澤壮一先生(80)から1枚の紙を渡された。タイトルを見ると<最期について>とある。いきなりでうろたえていると、「どう、これで完璧でしょ!」と得意げだった。中身に目を通す。さすが火葬場研究で日本建築学会賞受賞、この四半世紀の葬送の激動期をリードし続けてきた先生。すばらしい内容であった。

 シンプルに4項目しかない。<1 終末期の治療について>ではまず「救急車は呼ばない」とあり、かかりつけ医の名前と連絡先も。そうそう。あわてて救急車を呼んでしまったら望まない処置をされるから。「延命措置は不要」だけど「苦痛を和らげる緩和ケアは最大限希望」。痛いのは嫌ですものね。

 <2 最期>では自宅でのみとりを希望。役所に届けて「火葬許可書をもらう」と細かい。「『さよなら父ち…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1024文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです