メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

ラグビーW杯キャンプ/上 強豪誘致成功に笑顔 神戸 /兵庫

「神戸に世界のスター選手がやってくる!」と喜ぶラグビー少年たち=神戸市東灘区向洋町中3の六甲アイランド芝生広場で、黒川優撮影

 アジア初開催となる2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、出場チームが大会期間中に滞在する公認キャンプ地として、県内の自治体からは神戸市と淡路市が内定した。開幕まで500日を切り、両市や県は「より良いおもてなしを」と準備に奔走している。活気づく関係者の様子を、2回に分けて伝える。【黒川優】

 「多くの強豪チームがキャンプをしていただけることになり、とても喜ばしい」。公認キャンプ地が発表され…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文836文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです